助っ人召喚、塗装開始

娘は突発性発疹の診断を受け未だ下痢が治らず不機嫌MAX、妻の腰痛が酷く戦線離脱、俺はこの梅雨の晴れ間にやりたい仕事と、妻と娘で出かけるはずだったこの週末にお客さんと約束した仕事がいくつも、という状況でこのままでは詰む。ついに千葉の母を助っ人に召還した。新潟の義母にはこれまで何度も助けてもらったが千葉から呼んだのは初めて。保育所復帰まで、まぁおそらく月曜には復帰できるはず。

帰って夕飯の支度をしなくて済むと思うとタイムリミットがゆるくなって重心の位置も正しくなる気がする。目止めの研磨から塗装一発目まで。良く晴れた日の夕方に塗装スタートとは完璧だ。ナントカバールのヒールキャップ、塗装したら何ともいい風合いじゃないか。ブラックウッドの重さに握力が負けそうだ。

ずいぶん前だけど、スロッテッドヘッドの糸蔵の内側がこんなにきれいなギターはそうそう無いって褒められたのがいまなおちょっと嬉しくて気が引き締まる。4本の塗装レース、修理品が一着でゴールしてくれないと・・・。

 

「助っ人召喚、塗装開始」への2件のフィードバック

  1. 私の長女が生まれた時、母親から「子育ては大変な事もあるけど、
    人生で一番楽しい時間だ。」と言われた時のことをおもいだします。
    その娘も高校3年生になり、その人生で一番楽しい時間も後半にさしかかったのかなと感じる今日この頃です。

    1. 確かに、大変な事は多々ありますが、子供の成長を見るのはとても楽しい経験です。先輩方が口をそろえるのは、一歳ね、今が一番いい時だね、なんて言うのでまだまだ大変になるんだろうとは感じますが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA